トラックドライバーの求人探しをする時に気を付けたいこと



仕事に就くために必要な免許やスキルを確認しておこう

トラックドライバーの求人に応募をするには、企業の方針や業務の内容によりますが、大型免許や中型免許の取得が条件となっていることがあります。特に、長距離トラックのドライバーについては、大型免許が必須となるケースが多いため、少しでもドライバーの仕事に関心があるときには、積極的に求人票に目を通して担当者に問い合わせをするのがおすすめです。また、トラックドライバーの営業エリアや営業所に在籍する他のドライバーの人数によっては、連続で長時間の勤務を任されるケースもあり、人並み以上の体力や精神力が求められます。そのため、トラックドライバーの実務経験が少ない人は、初心者でも安心して働ける環境が整っている運送会社を勤務先に選ぶことが肝心です。

普通免許しかない人はエリア限定の求人がおすすめ

トラックドライバーの仕事に関心はあるものの、普通免許しか持っていない人は、小型のトラックで特定のエリアを回るセールスドライバーの求人を選ぶのがおすすめです。最近では、正社員以外にも派遣やアルバイトのセールスドライバーの求人を募集している会社も多くあり、運転免許を取得して間もない人や、ドライバーの仕事に慣れていない人も無理なく働くことが可能です。また、エリア限定のセールスドライバーの求人は、シニア世代の人や育児中の人にも人気が出やすいため、早めに応募を済ませておくのがポイントです。その他、働きながら運転のスキルを磨きたい場合は、十分な業務研修の機会が用意されている会社を見つけましょう。

トラックドライバーの求人は、高速道路を利用して遠方の顧客へ荷物を届ける長距離ドライバーから、営業活動を兼ねた地域限定のセールスドライバーまで多数あります。