ブラックなの?「期間工」という雇用形態のイメージとその実際はどうなのか?



「期間工」とは、働く期間が決められた契約社員のこと

主に製造業における生産の現場では、企業の業績の伸びが堅調で、製品の増産体制や生産規模の拡大をする際に、よく募集されるのが期間工です。

よく目にするのは、自動車メーカーの工場で、生産ラインの作業工員としての募集でしょう。

期間工は、企業との直接契約となります。なので、雇用主の企業から給与や福利厚生などを直接受けるという雇用形態となります。また、給与水準は業務内容から高めに設定されていて、職歴が少なくても気軽に応募可能であるという特徴があります。

期間工として、企業の募集にエントリーする方法は?

期間工への応募方法は、大きく分けて、メーカーに直接応募と専ら期間工を斡旋している企業を経由しての応募との2通りがあります。

ちなみに、よく求人サイトなどでおすすめとして挙げられているのは、後者の企業を経由しての応募のようです。利用するメリットとして挙げられるのは、応募しようとしている企業の実情を事前に聞けることや、入社特典などの特別な報酬が斡旋する企業から貰えることなどがあります。

寮がある職場で期間工として働くと良いことがあるかも

期間工の収入は、大手企業の場合で月収約30万円が見込めるケースもあるようです。また、水道光熱費が無料の寮が完備されていて、かつ食事補助付きだったり、加えて、勤務日数は週休2日であったり、また勤務時間など一定条件を満たすことで社会保険への加入も可能だったりもします。

特に遠方から勤務地に出向かなければならない人にとっては、寮や食堂が完備されているのは、期間工の仕事を探すうえで重要な点です。

一定期間の勤務とはいえ、衣食住に関するサポートがある中で働いて収入を得ることができることは、仕事内容が多少きつくとも大きなメリットといるでしょう。

期間工は、企業の業績が上がる一定期間内働く仕事です。しかし期間満了金などもあり、収入がいいというメリットもあります。